目に飛び込んできた三浦春馬さんの訃報。

繊細な感じの、いい俳優さんと思っていましたが、こんなことになり残念です。

 

わたしの母が、数日前の朝に突然・・

母  あの・・・三浦なんとか??いう若い人
私  …三浦? 三浦・・春馬 さんのことかな?
母  そそ… 歌手?俳優さんだよね。私好きなんだよね。

 

母は、突然何かを言う時があります。

今は特になくなったという霊感ですが、やはり、今でもポツリと呟きます。

 

三浦さん、おそらくですが…スターシードだったと違いますかね。スターシード特融の優しさと正義が、この地球という星に住みにくくなってしまった。見た目は気丈でポーカーフェィスでいたかも知れませんが、心はいっぱい一杯だったことと思います。

もう少し、もう少し頑張って生きてくれたら…良かったのですが。

♦スターシードとは、地球以外の星で生きたことのある魂
惑星や銀河から勇敢な魂たちを集め、その勇敢な魂のハートに契約の証として星の種(スターシード)を埋め込んだのです。
地球の波動が上がり、アセンションに近づくと、その星の種がはじけ、覚醒してゆきます。
スターシードの特徴ですが、郷愁の思い、過去世の経験、才能、人生の使命、試練など抱えており、 スターシードとしての自覚をしてしまうと、日常の意味のない会話、仕事、人間関係に耐えられなくなってゆきます。 高次元の変化に伴う精神的な苦痛を抱えてしまう。
そのスターシードが特別な存在?なのか・・と言いますと、そういうくくりではありません。 今は100人に1人いると言われています。少なくはありますが、身近に居ないという事ではありませんので、 知人に1人はいるかも知れませんね。
という私もその100人に1人のスターシードではあります。 ですので、人には分からない、理解してもらえない辛さ、苦しみが良く分かります。

 

そういった苦しみを分かり合えるのが、同じスターシード同士との出会いなのですが、三浦さんの場合、人気俳優ですし、それが叶わなかったかも知れませんね。

 

 

ご冥福をお祈りいたします。