認知症の主な原因であるアルツハイマー病、アロマセラピーで治療効果がある!と、鳥取大学医学部生体制御学講座の研究で実証されていましたね。

実は、私の母を私の家に引き取ることになりました。
年齢80代~今は認知症ではありませんが、やはり、記憶力というのは、数年前より劣ってきてはいますね。特に、沢山のことを考えることが苦手になってきてます。(これがストレスとなるようですね)

料理が好きな母で、料理はボケない手段として有効ですので、体調が元気の時はやってもらうようにします。

以前、私が実家でアロマを使用した時、レインドロップで使用するオイルだった為、匂いが結構キツかったようで、「使わないで欲しい・・。」と頼まれましたが、私も其処で諦めず、柑橘系のオレンジ、ラベンダー等 リラックス効果のあるオイルをブレンドしてマッサージとして勧めてみたところ、「良い香りがするね・・これなら大丈夫。気持ちが良い」と言われ、マッサージ用にと母に置いていきました。

母が通ってる呼吸器の先生に診察に言った時、「先生、娘がアロマを勧めてくれて、マッサージしてるのですよ!」と言うと、先生は「それはいいね!!良かったね。」と言って下さったようです。

今では、アロマがすっかり好きになってきて、アロマを使いたい、と言ってくれてるので、先ずは、母の好きな柑橘系~認知症予防の為にも、レモン(集中力、記憶)、ローズマリー(精神疲労、記憶力)ラベンダ(イライラ、不安、リラックス)、オレンジ(ストレス、緊張)等を部屋にディフューズするようにしました。

認知症予防日記として、母のその後~を時々書いていきます。