昨日の記事の中の「今日のステキなお話」に繋がると思いますが、
以前、私の母が通っていたジム、其処のサウナ内の話になります。
母はそのころ60代半ばくらいだったかと思いますが、
サウナで時々お会いする、80歳くらいの女性と親しく話していたらしく、
ある時の会話が・・・
 女性「〇〇さん、私の体って醜い?」
母    ビックリして、「え、そんなことないでしょ。綺麗よ^^」と
女性「そう・・・良かった^^」
 母曰く、私に・・・
「ほんとうに綺麗で、とても80歳には見えない方よ。
自分で気にかけてるから、努力もされてるのでしょうね。」
 そして、母がこの話の最後に言ったことが印象的で、今でも・・多分生涯忘れないかも知れません。
 「女は、幾つになっても女なんだよね・・・・・・」と、かみしめる様に
 私はこの時、80歳になるってどんな感じなのだろう・・と
心の中で「分からない」という答えだったかと思いますが、
何時か自分がその年代になったとき、「最後まで出来る限り綺麗でいたい」て思えたら…
いえ・・・思いたいですね。