高校時代の友人に「HP開設したよ♪」と連絡したら、とっても喜んでくれてまして、
毎日チェツクしてくれてる様子です^-^

実は、その 私の友人は、癌を患っておりまして、現在治療をしています。
治療がキツい時もあるようですが、でも、彼女ならば、辛い治療も絶対に乗り越えてくれると信じています。

彼女と2年程前に再開した時、「どうして私が?」とかなり落ち込んでいた時もあったのですが、
切り替えのスイッチが入ったとき、抱えているものを少しずつ手放せるようになり、開き直るというより、「自分を認める」と言うことが出来る様になったようです。

今は、まだまだこれからよ~と常に前向きで頑張る姿、
そんな彼女の声のトーンはどんどん高くなってきて、
高校の時の元気なイメージが復活してきてる様子です。

それに、彼女は私のソウルメイト☆彡絶対自分に負けないで、決着を付けてくれると思います。
前世では、そうですね~仕事仲間だったかと思います^^

その彼女が、カテゴリーに入れてます「今日のステキなお話」の中の記事に共鳴してくれていて、
こんな事を話してくれました。
そのまま書かせて頂きますね。

「私も、入院しているときに、ある60代の癌患者さんと仲良くなり、言われたことがあり、
『女は、幾つになっても女なんだから、絶対に、どんな姿になろうとも、女忘れたらダメだからね!』
そう言われて、その女性は、髪も抜け、眉毛、まつ毛も無かったのだけど、出来る限りの化粧を、毎日来てくれる旦那様の為にしてたのね。何故か…素敵に見えたわ!何か?生きるって、こうゆう事かもね!」

「何故か…素敵に見えた。生きるって、こうゆう事かも」

一見シンプルな言葉に聞えるけど、女の強さと優しさを兼ね備えた、魂からの声を感じます。